京都さんぽ

京都のおすすめ観光情報をまとめたブログ

*

貴重体験!京都の松竹撮影所で時代劇のエキストラをやってみたらすごかった!

   

京都には松竹撮影所や東映太秦映画村といった、老舗の映画制作会社が多く残っています。なので映画の撮影も頻繁に行われていて、以前より一度エキストラをしてみたいな~と思っていました。そしてついにエキストラデビューを果たすことができました!今回はそのときのことについて紹介します!

 

スポンサーリンク

申し込み

鉛筆

dangquocbuu / Pixabay

東映太秦映画村でも松竹撮影所でも恒常的にエキストラを募集しているわけではありません。たま~にエキストラの募集がかかります。それを見逃さず、しっかり応募できることが肝になります。また撮影は平日、休日、昼夜を問わず行われるものなので、仕事と重なる確率が高い人には難しいかもしれません。例え募集日に行けるとしても、制作会社側も求めている人物像がもちろんありますからそれにそぐわない場合は断られてしまうこともあります。ですが、根気強くエキストラ募集の告知を探して応募し続ければ、チャンスは必ず回ってきます!

ではいかようにしてエキストラの情報を探すのか。まずは制作会社のホームページで募集が行われていないか確認してみてください。情報が掲載されているかもしれません。次に【東京「エキストラ」NOTES】というサイトがあります。こちらのサイトでは東京とはありますが、全国のエキストラ情報も見ることができます。またバイトルなどでエキストラのバイト情報を載せている時もあります。

 

事前のやり取り

携帯電話

JESHOOTS / Pixabay

私が参加したのは松竹撮影所で行われた全国ロードショーの時代劇映画のエキストラでした。まず申し込みます。申し込み「OK」が出れば、スタッフの方と連絡をとることができます。メールで日時と注意事項を教えてもらいます。注意事項は時代劇ものなので首回りに襟がない暗い色の服を着てくるように、当日は外での撮影なのでカイロ等の寒さ対策をしっかりしてくるようにとのことでした。

 

撮影当日

当日、松竹撮影所に向かいます。早朝6時集合です。まず到着してスタッフの方に名前を言うと、役がいただけます。「町女」でした。この役はしっかり覚えておく必要があります。控え室に荷物をまとめて置いたら、順にメイク、着付け、かつらとしていくのですが、役によってメイクも着物もヘアースタイルも変わってくるので自分の役はしっかり覚えておく必要があります。

メイク

化粧

Li_sy / Pixabay

まず最初に向かったのはメイク室。椅子に座らされてメイクされていきますが、時代劇なのでうすーいメイクです。私は一応最低限の下地だけつけて行きましたが、全部拭き取られました。時代劇には完全にノーメイクで行かなければならないのですね。土色に近い肌、そして眉毛も太ーく書かれました。ピアスの痕もきれいにシールで隠します。

着付け

続いて向かったのは着付け部屋。そういえば事前に、着付けは男性の着付け師さんがすることもあるので下に見られてもいい服を着てくるようにと言われていました。着付け部屋では本当に多くの着付け師さんがちゃきちゃきエキストラに着物を着せていきます。ここで問題が発生!首周りに襟のない服(ヒートテック黒)を着て行ったのですが、それでもダメなようでさらに一回り深く切ってもいいか?とのことでした。無念。

ヘアーセット

Card

着物を着させてもらった後はかつらをつけに行きます。人生初のかつらです。今までかつらってなんであんなに自然なんだろうと思っていたのですが、謎が解けました。かつらの毛に地毛を巻き込んでいるから生え際があんなにきれいだったんですね。と、言うことはつまり時代劇のエキストラは黒髪じゃないとできないんでしょうか?注意事項では黒髪であること!とは言われなかったのですが、当然のことすぎてですかね。

それはさておき、かつら師さんも超ちゃきちゃきです。流れ作業でどんどん仕上げていかれます。私の頭に合うかつらを持ってきては、はめようとされるのですがなかなかかつらが入らない。思わず、「頭でかいな~」って言っておられました(苦笑)。私の横ではエキストラの女性とかつら師さんが仲良く会話されていて、どうやらエキストラの常連の方のようです。全部のセットが終了すれば50人近く集まったエキストラ全員の準備が終わるのを待ちます。しばしエキストラどうしの撮影タイムがスタート。

撮影現場へ

Card

6時集合でしたが気づけば9時前でした。現場に移動します。初めて入った松竹撮影所の中は本当に広くて、見渡す限りの江戸の街並みはテーマパークさながら。もうそれだけで楽しいです。ここで靴から草履に履き替えます。寒さとの戦いが幕をあけます(1月です)。そして小物も一緒に受け取るのですが、なんと今から夏のシーンを撮るそうでうちわをわたされます(もう一度言いますが1月)。どうりで着物も薄っぺらい夏服なわけです。私なんてまだ布があるだけましなほうで、ふんどし一丁の方とかもいらっしゃいました。おお、寒そう。。。

そこから助監督さんの指示で事細かく動きの指導が入ります。エキストラなんてあんまり演技は関係ないのかと思っていたら大間違い!エキストラにこそ徹底した演技指導が入ります。役者さんがいない中、あなたはここをまっすぐに歩いて、あなたはここでこう曲がって、あなたは、、、、、といった風に一人一人に支持を出していきます。そして練習スタート。練習後も何回か微調整が入ります。

撮影開始

Card

そして練習が終わればとうとう俳優さんの登場です。「おおおお。初めて生でこんな大物俳優見たよ。オーラすげぇぇぇぇ。」とテンションが上がって寒さなんて吹っ飛びます。ついに俳優さんもまじえ撮影スタート!か、な、り!緊張します(笑)なぜなら私以外のエキストラさんたちはけっこう常連のようで、かなりうまい。しかも大物俳優の演技の邪魔は絶対にできない!というかなり追い込まれた状況だったからです。しかし!助監督さんが優しいんです。「ここは一応江戸の設定やから、スカイツリー見に来た観光客みたいに楽しそうにしてくれたらいいよ~」とわかりやすく教えてくださるんです。そして半日にわたる撮影が終了!最後のほうはエキストラどうしでもお話するどほけっこう仲良くなっちゃいます。

 

まとめ

撮影中は俳優さんの圧巻の演技が生で見れたり、天候にまでこだわって曇りになるのを待ったり、別の撮影で来られていたアイドルが見られたりと半日の撮影でしたがとっても!!!濃い内容で楽しかったです。俳優さんとも少し話せる機会があって、これは常連になる人の気持ちもわかりますよ。

一方で映画の方は、1月の撮影から約8か月後の9月に公開されました。やっぱり出来上がるまでにとっても時間がかかるんですね。映っているかな?半日もかけてあんなに何回も撮影したんだからさすがに映っているはず!と思って見に行くと、やっぱり映っていました!時間にすること8秒!あんなに撮って8秒、、、(笑) 私はだいぶ顔がはっきりわかったんですけど、ずっと後姿の人もいて、、、映画ってすごい途方もない世界だな~と改めて感じました。ですが、一瞬でも映画作りに関われたこと、舞台裏を見られたこと、貴重な体験ができたことは私にとってその時間の何倍もの価値がありました!興味のある方はぜひ一度行ってみてください!

 

 - イベント, 体験, その他  , , , ,

京都さんぽの最新情報を各SNSで発信中どすえ〜

  関連記事

初詣
2015年のお正月はここで決まり!京都のおすすめ初詣スポット8選

みなさん、2015年スタートの大イベント「初詣」をどちらへ行かれるか決まりました …

茶会
4月限定!京都で桜と一緒に楽しめる絶対に参加したいイベント7選!

京都の春と言えばもちろん桜が有名ですが、ただ桜を見るだけではなく桜と一緒に行われ …

日本酒
京都の日本酒が熱い!大人女子旅なら京都の伏見で酒蔵巡りがおすすめ!

今日本では空前の日本酒ブームが起きていますよね。日本酒と言えばどちらかといえば年 …

錦市場1
京の台所「錦市場」で食べ歩きを最高に楽しむための5つのポイント&おすすめ店を大紹介!

「京の台所」として有名な錦市場!最近では国内だけでなく、海外の観光客の方も本当に …

JRwest
お正月の京都旅行に超お得!「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2015」

前回、初詣の記事を書かせていただきました。 京都に観光がてら初詣行きたいけど、お …

チョコレート7選
バレンタインデー間近!京都で絶対に押さえておくべき究極に可愛いおすすめのチョコレート12選!

成人式も終わり次なるイベントはバレンタインですね!男性諸君はそわそわしだす時期で …

京都旅行者必見!京都に詳しくなりたい方におすすめする京都本15選

多くの歴史的遺産があり、観光地としては外せない重要な都市、京都。そんな、国内有数 …

京都
意外と簡単!?京都で芸能人に会う方法まとめ!

皆さんも知っての通り、京都は本当によくドラマや映画の撮影の舞台として起用されます …

夜桜
夜桜を見るならここ!京都の行っておくべきライトアップの名所7選!

京都と言えば、桜ですが、桜の最もきれいな瞬間って夜なんじゃないでしょうか?とひそ …

京都の移動テクニック
紅葉の時期必見!知っておくべき京都の移動手段

そろそろ紅葉の時期がやってきますね。京都旅行をお考えの方も多いのではないでしょう …